家づくりに関する様々な疑問を実績のある専門家が解決します。

住宅相談センター(名古屋、JPタワー名古屋)

  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
  • 相談予約はこちら
  • ご相談・お問い合わせは0120-756-365
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • 住まいづくりセミナー
  • 初回無料相談カウンター
  • コンサルティングメニュー
  • 会社概要

コンサルティングメニュー

  • 住宅ローン
  • ライフプランシミュレーション
  • 家づくりコンサルティング
  • 注文住宅ホームインスペクション
  • 中古住宅ホームインスペクション
  • 住宅会社紹介サービス ハウス仲人
  • 建築安心パック
  • 土地活用
  • 価格表
  • Q&A
【専門家と一緒に安心の資金計画】住宅ローンに精通したFP(ファイナンシャル・プランナー)がもっとも有利な住宅ローン選びのお手伝いをします。私たちは、特定の金融機関にかたよらず、借り手であるお客様サイドに立って、ベストローンを提案するスペシャリストです。
【こんな疑問にお答えいたします】一番低い金利の銀行を知りたい/いくら繰上返済すればよい?/変動・固定・10年固定・・・どの金利タイプがいいの?/いくらまでなら借りても大丈夫?/ネット銀行っておトクなの?/審査に通らなかったけど、何とかならない?/元金均等と元利均等って?/住宅ローン控除ってどういう仕組み?/借換した方がおトク?
  • POINT.1 将来設計
    将来にわたる家計のシミュレーションから計算して、借入額や商品タイプを決定すること。
  • POINT.2 優遇条件
    住宅の性能や品質、お客様の属性で優遇条件を探し出すこと。(返済総額で、数百万円も異なることがあります)
  • POINT.3 時期
    毎月変わる金利の中から、適用される時期に応じて臨機応変に選ぶこと。(申込時に有利なローンが、実行時にも有利とは限りません)
  • POINT.4 比較
    無数にある住宅ローンの中から、一番有利なローンを探すこと。(表に出ない優遇もあります)
住宅相談センターのコンサルティングとは
ベストローンを提案するスペシャリスト
貸し手である銀行に相談に行っても、「返済できる相手なのかどうか?」で事務的に判断されます。銀行にとっては、返すことによって、その顧客の家計がどうなるのかは、責任を持ちません。また、自社のローンを売るのが目的であり、中立的なアドバイスもありません。 私たちは、特定の金融機関に偏らず、借り手であるお客様サイドに立って、ベストローンを提案するスペシャリストであり、お客様に最も有利な住宅ローンを提案いたします。
ライフプランシミュレーション
実際、住宅ローンの返済ができても、老後生活資金が不足するという方が増えており社会問題化しています。私達は、事前にいくらまでの予算で建てれば良いのかを40年分の家計のシミュレ-ションをすることで計算します。これによって住宅ローンの返済が安心してできるだけでなく、老後の生活資金も確保できるようになります。また、契約前にご相談いただけますと、住宅の品質・性能や支払い条件などを変更することで、より有利なローンの組み立てができる場合があります。弊社の住宅ローンコンサルティングで、100万円以上得するケースもあります。
サンプルはこちらライフプランシミュレーション
住宅ローンコンサルティング・メニュー
住宅ローン 【新規の借り入れ】
私どもは、特定の金融機関に偏らず、借り手であるお客様サイドに立ってベストローンを提案するスペシャリストです。どれくらいの住宅ローンを借りると、返済額がいくらになるのか?は、金融機関のシミュレーションで試算すれば簡単にわかります。しかし、月々の返済額と返済総額のバランス、また、繰上げ返済条件や、もしものときの保障や保険の付与など、自分に最も適して、かつ有利な住宅ローンを見つけるのは、簡単ではありません。 しかも、実際に、自分がどれくらい借りられるのか?は、申請してみないと分かりませんし、本当に重要なのは、いくらの住宅ローンなら安心なのか?ですが、金融機関は、それに関してのアドバイスはしてくれません。一方、住宅事業者にとっても、「住宅価格」がいくらになるか=いくらの住宅ローンが組めるのか?に関心はあっても、そのローン返済で、将来的に大丈夫なのかどうかは約束してくれません。実際に、住宅ローンが払えなくなって、家を手放した上に、多額のローンが残ったり、ローンは払えたけれど、老後の生活資金が不足したと言う人が後を絶ちません。
住宅ローン 【見直し相談】
今、借りている住宅ローンの借り換えをしたら、自分にメリットがあるのかどうか、知りたいと考えている人は多いと思います。金融機関にも、「借り換えシミュレーション」のページがあり、自分で試算することも出来ますから、試みられた方もおられるのではないでしょうか? しかし、実際には、金融機関によって条件が異なるため、現在の返済条件から見て、どの金融機関のどの住宅ローンに借り替えたら、最も有利になるのかを判断するのは、容易ではありません。 また、「メリットがある」と言っても、目先の月例返済額を減らすのか、将来にわたる返済総額を減らすのかの選択は、家族の状況、家計の収支見通しなど、これからのライフプランをどう考えるのかにより異なってきます。また、何の準備もなく銀行に行き、借り換えを頼んだところ、無理だと言われあきらめた方もおられるでしょう。 このように、住宅ローンの借り換えは、単純な机上計算で行うとうまく行きません。また、住宅ローンだけでなく、保険や財産などの家計全体の見直しにより、選ぶ商品も変わってきます。 私どもでは、「住宅ローンの借り換え」アドバイスにとどまらず、お客様が生涯にわたって、安心して暮らせるためのトータル提案を行っておりますので、お気軽にご相談ください。
無料相談申し込みはこちら
無料相談申し込みはこちら
Step1.予算算出/家計=ライフプランの面から住宅取得予算を計算 Step2.提案/無数にある住宅ローンの中からそれぞれの家計に合わせた住宅ローンを提案 Step3.サポート/銀行との金利交渉などのアドバイス
コンサルティング費100,000円(税抜き)
※一番最初にお客様が選んできた住宅ローンが費用分のメリットがないと判断した時は、費用は頂きません。
※所得基準を満たさない等、難易度が高場合は200,000円(税抜)【1月31日受付分まで】となります。

初回相談 無料(60分) まずは、ご相談ください 0120-756-365
お問い合わせはこちら


  • 住宅ローン
  • ライフプランシミュレーション
  • 家づくりコンサルティング
  • 注文住宅ホームインスペクション
  • 中古住宅ホームインスペクション
  • 住宅会社紹介サービス ハウス仲人
  • 建築安心パック
  • 土地活用
  • 価格表
  • Q&A
このページのTOPへ
お問い合わせは0120-756-365まで。1、家づくりの事、なんでもご相談いただけます 2、個室にてコンサルタントが個別にご対応いたします 3、初回相談は60分無料で相談できます。
Copyright © 2014 株式会社 住宅相談センター All Rights Reserved.